郡山福祉会の法人概要

法人の基本理念

奉仕と平等な人間愛
一人ひとりのいのちの重さは平等であり、かけがえのないいのち、人生に私たちは寄り添い、職員自らの人間性を高め、こころの安らぎと、安心した暮らしを願い、共に信頼し合える関係をめざします。

基本方針

個人の尊厳を守り、生きがいある暮らしを支え、地域共生をめざします。
(1)利用者の人権を尊重し個人の尊厳を守り、利用者がその有する能力に応じ、自律した日常生活を営むことができるように努め、安らかに健やかに和みある温かい雰囲気で生活が送れるよう、快適な生活環境の維持向上と介護サービスの質の向上に努める。
(2)利用者のご家族や地域と連携して、社会的な関わりが保てるよう支援し、地域のニーズに対応した施設機能の活用や人材を通して、地域社会に貢献できるように努める。
(3)老人福祉法や介護保険法等関連する法令を遵守し、適正な運営を図る。
(4)利用者等へ十分な説明と同意に基づく福祉サービスの提供を行い、リスクマネジメント体制を構築し、利用者やその家族が安心して利用できるようにする。
(5)職員が仕事を通じて全人的な成長と達成を実感できる人材育成、職場づくりに取り組む。

ケア方針

「地域の中で、共に笑い、共に悲しみ、そして共に生きていく。共に暮らしていく。」
これをケアの基本方針として、入居者様一人ひとりが出会いからお別れのときまで、明るく楽しい気持ちで今までの暮らしが継続できるように生活習慣や好みを尊重し、地域の方々と交流しながら、共に暮らしを楽しむことを目標に支援します。

①少人数ケア体制をつくる。
②入居者が自分の住まいと思えるような環境をつくる。
③今までの暮らしを続けてもらえるような暮らしをつくる。
④24時間の暮らしを保障する仕組みをつくる。

職員像

法人は、職員が法人理念について理解を深め、「豊かな人生を歩み、社会貢献すること」を大きな目標としています。仕事の場での自己実現を通して生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさと、経済的安定や豊かさを求め、感謝と謙虚さを大切に人間性を高めて思いやりの心で社会に貢献していきたいと思います。そのために、明るく前向きに努力し、礼儀を重んじ、誠実な人材を目標に育てていきます。

経営方針

「職員が財産」という考えから、職員が安心して働きやすい職場をめざし、ワークライフバランスと職員満足度を高める取り組みを行っていきます。私たちは3K「感謝」「健康」「謙虚」を大切にし、法人としては職員の健康づくりを支援します。そして職員満足度が利用者満足を高め、その利用者満足が社会の満足を高めるという好循環サイクルをめざします。

福祉サービスの質の向上にも取り組むために、2013年度に福島県社会福祉協議会による第三者評価事業を受審しており、今後も継続的に受審して参ります。また、サービスの改善活動として福祉QC活動も実践していきます。

所属団体

社会福祉法人福島県社会福祉協議会 
一般社団法人福島県老人福祉施設協議会
公益社団法人全国老人福祉施設協議会
社会福祉法人全国社会福祉協議会 全国社会福祉法人経営者協議会
社会福祉法人全国社会福祉協議会 日本福祉施設士会
一般社団法人 全国軽費老人ホーム協議会
ふくしまユニットケア協議会
公益社団法人介護労働安定センター 賛助会員

\最新リクルート情報2020~2021/

うねめの里が求めるのは、
こういう人。

求人情報を見る→

地域と共に…

YY地域交流活動

交流事業を見る→

社会福祉法人 郡山福祉会

福島県郡山市片平町妙見舘1-2

024-961-8633